薬剤師転職









ファルマスタッフ



求人件数業界No.1、充実の教育体制、豊富な紹介先で薬剤師をサポート
薬剤師さんの転職成功率はなんと90%超の実績
ファルマスタッフは東証一部上場の大手調剤チェーンである、
日本調剤グループが運営している転職エージェント




ファルマスタッフ 無料登録はこちら



http://www.38-8931.com/



リクナビ薬剤師



年間100万人以上の転職を支援するリクルートグループが
運営する「薬剤師専門」のサービス
「求人数」業界トップクラス。大手薬局から町の小さな薬局、
ドラッグストア、製薬会社、病院など、希望を叶える
好条件求人を幅広くラインナップ




リクナビ薬剤師 無料登録はこちら



https://rikunabi-yakuzaishi.jp/




薬剤師WORKER



総合病院、大手薬局、ドラッグストアはもちろん、町の薬局、製薬会社など
常時20,000件を超える求人・非公開求人も多数あり
専任コンサルタントが薬剤師さんとの面談から病院・薬局との交 渉まですべてお任せできる
入職後のアフターフォローも万全・入社後万が一事前の条件と異なる場合など
担当コンサルタントが勤務先に連絡して 問題を解決



薬剤師WORKER 無料登録はこちら



http://www.pharmacist-worker.com/




薬剤師転職ドットコム




東証一部上場グループ メディウェルの薬剤師転職サイト
求人票だけでは分からない現場の雰囲気・人間関係・募集の背景・休暇取得状況
忙しさなど、『本当に知りたい情報』を提供できる。
一人一人の「納得」を1番の判断基準に提案できる求人




薬剤師転職ドットコム 無料登録はこちら



https://www.ph-10.com/




薬剤師専門の派遣・紹介【ファル・メイト】




薬剤師専門の派遣・人材紹介サービス。関東・関西を中心に
日本全国豊富な求人情報を提供
希望のヒアリングから案件の検索まで担当コンサルタントが対応
派遣であれば、関東2800円 関西2700円を最低保障
有給休暇や社会保障等の福利厚生も充実




ファル・メイト 無料登録はこちら



http://www.pharmate.jp/








薬剤師転職サイト ハローワーク

例えば、「高い年収をもらいたい」という考えが大きいようなら、調剤薬局に雇用されている薬剤師の数が少ない地方や離島などで勤めるという考え方もひとつです。
忙しい毎日で好きなように転職の情報を調べるなんて無理、などという薬剤師さんについても心配ご無用です。薬剤師を専門的にサポートしてくれる相談役に探す作業をしてもらう道があるのです。
薬剤師として受け持つ作業が基本にあり、商品の管理とかシフト調整やパート・アルバイトの採用などもしています。ドラッグストアですと、多くの業務をこなす事が当たり前なのです。
みんなそれぞれが求める条件に反せずに職務に当たれるよう、パートおよび契約社員、労働時間などに区分けを設けることで、薬剤師の転職を楽にし、勤務しやすい環境の用意がされています。
この時点でも、給与に不満を感じている薬剤師が多数いるといえるでしょうが、今の収入よりもう一段下がってしまうことを考えて、早め早めに転職活動を考える薬剤師はどんどんその数を増しています。
ドラッグストア勤務で経験を蓄積し、それから独立して店舗を構える。商品開発のコンサルタントになることで、企業と専属契約して高額な報酬を得る、などといったキャリアプランを構築することももちろん可能です。
収入に関して不安を感じて、よりたくさんの給料をもらえる職場を追い求める人は少なくないのです。しかしながら、専門の職業である薬剤師も、その勤務状況は限定されなくなったというのが実情です。
求人情報の収集に加え、転職する時のアレンジのサポートまでもしてくれることもあって、薬剤師向けの転職サイトは、多忙な転職希望者に適しています。これまで経験がなく、初めて転職をするという人にも利用してほしいサイトです。
昼間のアルバイトであっても時給は高いものの、夜間の薬剤師アルバイトは、さらに時給がアップされて、3000円という仕事先も大して稀ではないそうです。
病院では夜中でも薬剤師が不可欠な存在です。それに加え、救急医療センターといったところでも、夜中に働ける薬剤師アルバイトを募集したりしているみたいです。
薬剤師の案件満載の転職サイトでは、専門家が、一般公開されていない求人を含む多様な求人案件を見て、あなたの希望に沿った求人案件を取り上げて案内します。
1月以降というのは、薬剤師の中には、転職をボーナス後にいうことから行動し始める方、キリの良い新年度からにしましょうと、転職の予定を立てる方というのが増える時期なのです。
昨今は、薬剤師限定転職サイトの利用者が増えているそうです。それぞれ特徴があるはずですから、あなたが使いたければ、自分にフィットするサイトを見つけるようにしましょう。
転職を望む薬剤師の面談の段取りを調整したり合否の連絡や、退職の手続き方法など、ややこしい事務の手続きとか連絡関係などのことをちゃんとサポート・援護していきます。
地方の職場に勤めれば、よしんば新人薬剤師の方も、日本の薬剤師がもらっている年収の平均額を200万円増額させた金額から勤務をスタートさせることも。